2013年05月16日

中性脂肪をやっつけたぜっ!! 〜春の健康診断・血液検査の結果報告

130516-11.jpg

シュナウザーって血中中性脂肪値との闘いなんだってさ。

春はフィラリアの検査と共に行われる健康診断的な血液検査が増える季節。
このブログも「犬の中性脂肪値」なんてワードで検索されるコトが多いです。
ノワールも先日、そんな感じで検査を行いました。




130516-01.jpg

お誕生日の日の記事にも少し書きましたが、「結果が出ていますよ。緊急を要する様な数値は見られません。」という電話連絡を受けていた、その結果を先日頂いて参りました。
……7才のノワール、5才の健診の時に初めて「中性脂肪値が高いです」と言われたのですが、以来ずっと、平均して高いまま安定してしまっていました。
中性脂肪値が高いと、甲状腺に負担が掛かります。
ココからいろいろな病気に発展しやすい…というのは人間と同じ。
所謂「成人病」と言われる類の病気ですねあせあせ(飛び散る汗)

130516-08.jpg

通常、血中のコレステロール値が高い子は総じて肥満の子が多い訳です。
ですので、こういう場合に処方される療法食は、カロリーを抑えたダイエット食になる訳です。
しかし、シュナウザーはその犬種の特徴として「脂肪分解の力が弱い」というコトがあり、肥満にならずとも中性脂肪値が上がってしまうケースが非常に多い。
太りやすい犬種…と言われる所以もソコにある訳です。
ノワールの場合も、肥満体…というコトは全く無くて。
ダイエット食を処方されても困ってしまう…という状態でした。
なので、獣医さんからも具体的に対処法などを指示されるコトもなく、コツコツといろいろ試していた訳ですよ。
お友達に勧められて乾燥納豆を食べさせてみたり。
毎日のお散歩上がりにガブ飲みしてもらう為のお水に牛乳を少量混ぜていたモノをスキムミルクに変更してみたり。
胡麻が良い…と言われれば、粉末状の胡麻をその水に浮かべて「薄い胡麻ミルク」にして飲ませてみたり。
(胡麻はしっかり粉末にしないと吸収されません)
サーモンオイルが効果的…という情報を得て、毎日の食事に導入したり。
そんなこんなの努力の結果がやっと出た…という感じです。
正常値の2倍くらいの数値だったものが、今回は正常値の範囲内の半分より下にまで下がりましたぴかぴか(新しい)

130516-10.jpg

実を言うと、昨年の秋にノワールの被毛で検査した「食物アレルギー」の結果を受けて、アレルギー食材が全く使われていないフードに変更したのが中性脂肪値にも功を奏したのではないか…と思っています。
ノワールはトウモロコシもチキンもダックも駄目なので、お魚とジャガイモのフードにしたのです。
フィッシュ4ドッグのサーモン小粒。
こちらには当たり前ですが、サーモンオイルも含まれています。
中性脂肪値にも効果あるかも…というのも、こちらのフードを選んだ理由でもあります。
今現在、コチラのフードを食べさせているコトと同時に継続しているのが、お散歩後に200ccのお水にスキムミルクを大さじ1/2を溶かしたモノに小さじ1/2の胡麻パウダーを浮かべたモノを飲んでもらう…ということ。
…このラインがいい感じみたいなので、今後も継続しようと思っています。
あ……フィッシュ4ドッグの回し者ではありません…決してexclamation×2
ノワールには効果があったよ…という、あくまでも結果論でしかないです。
みんなに同様の効果があるかどうか…までは私には解りません。

130516-15.jpg

中性脂肪値が正常値になると同時に、ずっと懸案事項だったALP値もググッと下がりました。
ALPが高いと胆嚢と肝臓に負担が掛かります。
強いお薬を服用した後や、ストレスが掛かった場合などにも数値が上がります。
内臓のどこかに異常があったりしても、真っ先に数値が上がるのだそうです。
こちらも下がって来たのは中性脂肪値と連動しているのか……。
それとも、アレルギーでフードを変更したので、フードに含まれるタンパク質の量が減ったから…なのかもしれません。
肝臓はタンパク質を合成する場所でもありますので、摂取されるタンパク質の量に影響をされるのではないか…と思うので。

130516-13.jpg

…と、すごく良い結果を頂き、説明をされた訳ですが。
………ただちょっと気になる数値もあるのですよあせあせ(飛び散る汗)
赤血球数・血球容積が正常値を少し下回っている。
リンパ球の数も、3年連続して下降しています。
疑われるのは貧血か内部出血。
ま…「少し下回る」というレベルなので、今のところは特に問題は無さそうです。
貧血や内部出血がある場合は、「散歩に行きたがらなくなる」「疲れやすくなる」みたいな症状が出るそうですが、今のノワールにはソレは全くありませんし。
触診の状況からも内臓が腫れている・腫瘍がある…みたいな手応えは全く無いので。
貧血は何種類か原因があるので、その原因によって対処の仕方が違ってくるから、今すぐに何かをどうにかしなければ…というコトでは無いそうです。
1ヶ月後くらいに再検査してみて、数値が下降傾向だったら考えましょう…というコトになりました。


ちなみに……ノワールがお世話になっている病院では、フィラリア+26項目の血液検査がセットで8000円也。
3才の時からの毎年の恒例になってます。





130516-16.jpg

……オレもだいぶオジサンになったからね。
もしオレが人間でお笑い芸人とかだったら
そろそろ身体がボロボロになってるお年頃だもんかわいい
posted by まき at 14:56 | Comment(2) | 獣医さんっ!!
いつもコメントをありがとうございます♪

読み逃げも大歓迎ですが、初めての方やお会いしたコトの無い方のコメントも大歓迎です。

……ただし、SPAMコメントと商用コメントは気付き次第即刻消去させていただきます。



そうなんです!
胡麻は粉末くらいにしないと
そのままの粒がうんPに混じって出てきて
一瞬虫の卵か!?って
ホント驚きます^^;

シュナウザーって血中中性脂肪値との闘いなんですね。
うちも毎年(といってもまだ2回ですが)
誕生日の12月に血液検査をしています。
問題がないので、結果を聞いてほっとして終わっていますが
色々日頃から勉強をしておく必要がありますね。
★★Posted by マサコ. at 2013年05月17日 23:27★★



●マサコ.さん
ですよね(゜゜)(。。)
ウンチ黒くなってビックリですよね(^◇^;)
粉末だと色に変化が無いので、ちゃんと吸収されているんだな…という手応えがあります。

犬種によって弱い場所が違いますよね…。
シュナはコレステロール体質な様です(^_^;)
遺伝疾患とは別で、体質的な弱点があるのは仕方ないことだと思ってます。
所詮、人為的に作られたもの=犬種なので。
血液検査からいろいろなコトが解ります。
まだなんともない健康なうちから数値を取っておくのはすごく大切なコトだと思います。
今はネットで検索すればいろいろな体験談が調べられるので、いろいろ試せてありがたいですよねぇ…。
★★Posted by まき at 2013年05月19日 15:03★★



最近の記事